スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムさよなら耐久釣行(その1:小木にアジング) 

12/22、小木漁港へアジング。
関西から1ヶ月間金沢に仕事で来ていた釣り師匠のキムが仕事を終え関西に帰るので、今回の釣行を最後にもう二度と会えんかもしれん!って言うことで行ってきました。

仕事終わってからうちに集合、うちでまつやの鶏野菜味噌食って~
キムとキムカノと三人でレッツゴー♪


雨は降ったりやんだりのはっきりせん天気やったけど止んだ時は月も出ていい雰囲気。

小木漁港


とりあえず小木漁港着いて車横付けの楽なとこで竿をふる。

キムちびちびばっか、自分とキムカノちびちびに混じって20~23cm前後のアジポツポツ。
楽しい♪

トン!!と一発大きなアタリ。
軽く即あわせしたらイキナリ左右に走りだしロッド弓なり、ドラグが鳴る。
「おお~なんじゃこりゃ~!!」って焦ったがフッと軽くなる・・

「あ~あ、なんやってんろ~・・・」とジグヘッドをチェックするとまたまた「なんじゃこりゃ~!!」

ハリ曲がり

針がひん曲げられとった。
ホントあの魚はなんやってんろ・・・姿を見ることの出来なかった名もなき逃した魚に思いをはせる。
釣りってロマンやなぁ~


気を取り直して小木漁港内で場所移動。
小木の漁港って広いし変化にとんでいいね!

よく見ると海底にテトラ?敷石?って感じの根のポイント。
そこにワームを通すと、アジに混じってメバルやタケノコメバルも釣れた。

小木メバル

ほんと飽きん釣りや。
小さなアタリをとる、根がかりかな?って思ってもしばらく様子見てプルプル・・・いた!って根魚特有のやりとりもいい勉強になった。

そんなこんなで気が付けば朝の4時。
ちょっこ寝ようってことで車の中へ。

五時半起床、朝マズメ狙いで小木漁港内の別のポイントへ移動。
防波堤の上から外海に向って狙うもぜんぜんダメ、漁港内もダメ。
完全に明るくなりちょっこ場所移動するとキムが以前583石川の忘年会で会った方々がいたのでその場所に入れさせてもらう。
女性アングラーの方が尺アジゲットしてるの見てテンション上がるがぜんぜんダメ。

向こうでやってる583のソルジャーさんがイイサイズをコンスタントに上げているのを見てキムがそこへ移動。
その時点で一晩やってもイイサイズを上げていなかったキム、ここで満足できるサイズをあっさり数本ゲット。
しかし自分もそこに移動してやってみるもぜんぜんダメ。

集中力が途切れていたのもあるけど晩にやっていたパターンと同じ釣り方じゃぜんぜんアカン。
いろいろ釣り方、仕掛けを指南してもらうが集中力でアタリをとるパターン。
ここで環境に応じたメソッド、仕掛けなど全てシステマチックに対応できるアングラーがやっぱ釣れる人なんやって学ぶ。


まだまだ経験不足、修行不足、頭の回転不足

それにしても小木漁港はいい釣り場やった。
アジング、おもしろいです!!

ここでの3人の釣果(マメアジ、ちびっ子はすべてリリース)

101223釣果

最大キムがとった25cm強

101223アジ25cm

10時に納竿して、その後タケノコメバルに向う・・・
キムサヨナラ耐久釣り放浪はまだまだ続きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slashtakakaz.blog119.fc2.com/tb.php/9-6249a82a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。