スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝練能登磯アオリイカ 

9月14日、15日 朝練で毎年入る磯

仕事前の朝の釣りを朝練と言うてます。

今年もアオリイカで朝練磯に2日連続でやってきました。

多かれ少なかれ毎年この時期に釣れてくれますが近年は貧果の連発、昨年は1度しか入ってません。

全体的に調子イイと言われる今期はどうだろう??


暗いうちから入りますが投げるのはラインが見える程うす明るくなってからです。

エギは3.0号、思いっきり遠投しますが投げても投げてもアタリません、イカいないんじゃなかろうかと一抹の不安がよぎります。

こんな時はしばらく底放置、そしてシャクルとぐんと重みが。

アタリ全く感じられませんでした、相当食いシブイぞ・・・


底放置で来たとなるとスラックジャークでネチネチ攻めてようやく2杯目

アタリを察知しようとズル引きなども入れラインテンション張りますが、そうすると全く気配が感じられない。

底に放置してラインを凝視してテンション張るか張らないかの微妙な具合をキープ、ちょっとした違和感を感じた所でバシッと合わせる。

そのパターンでようやく3杯連続追加、そこでタイムアップ。

非常に効率が悪い、初日は計5杯でした。

20160914-001.jpg


2日目、同じ場所に。

とりあえず基本のシャクリで手早く探りますが全く当たらない。

潮は流れてましたので雰囲気はいいんだけどな~と、流れに乗せたドリフトも試してみるもこれもダメ。

前日と同じパターンをやってみますが流れている分、テンション張ってしまい同条件とはいかず反応もない。

もう何やってるのかわかんなくなるほど試行錯誤のドツボにハマりつつもなんとか2杯。

20160915-001.jpg


時間があれば見切って場所移動するんだけどね、実質1時間半の釣り時間しかないもんだからあれやこれや試してこの一箇所でなんとか出さなきゃならない。

自分の腕が試されるんだけど腕が無いから貧果で終了です!

ここ近年、エギングってめっちゃ難しいって感じます。

しかしこの状況下でも少なからずアオリイカはいるはず。

経験上、秋が深まるとアオリも大きくなり警戒心を持ちこのような状況が当たり前になるのでそのアオリを確実に獲れる腕を上げるにはこの朝練は有意義なものになるものと思って貧果でしたが行ってよかったなと思ってます(^_^;)
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slashtakakaz.blog119.fc2.com/tb.php/337-881d99c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。