スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラマサ釣れない腹いせに 

6月4日 ヒラマサ狙いは諦めメバル狙いに

そのまま珠洲に泊まり込んで翌日もロックショアキャスティングのヒラマサ狙いにと思ってましたがどうにも調子悪い。

シンさんと協議の結果、帰りましょうと(´・ω・`)

でも、そのまま帰るのは気が引ける、ココはひとつ帰りに寄り道してメバル狙ってみましょうか!


一箇所目、漁港のテトラ帯からフロートリグを使って広範囲を探ってみますがちびっ子しか釣れません。

二箇所目も漁港、防波堤先端は潮通し良く、沈みテトラも入ってベストポジションなんだけどな~・・・チビすら釣れません。

磯に行こうと防波堤を引き返したところ漁港内からぴちゃぴちゃとボイルが。

すかさずメバペンを投げほっとけで流しますと・・・キタ♪

20160604-005.jpg

20cmちょいですがいい引きです。

その後、プラグを替え何度かアタリもありましたがなかなかのらない、挙句にいい引きのヤツをバラシ、アタリもなくなりココは終了。

この時期のメバルは回遊性の高いブルーバックがほとんど、さっと入ってきたかと思うとさっと去って全く音沙汰がなくなります。

さっさと見切りを付けて場所移動が吉です。


ここからはプラグ勝負。

三箇所目に磯へ入ります。

入江に隣接した岬の磯で潮通しも良く、シャローで根が点在しておまけに藻場も、波気も少々あり雰囲気は最高にいいです。

一投目からいいヤツが来ました♪

20160604-006.jpg

それを皮切りに怒涛のメバルラッシュ!反応なくなればプラグを替え、そして岩場をぴょんぴょん横に移動して磯ランガン。

20160604-007.jpg

20160604-008.jpg

20160604-009.jpg

移動した一投目はサーチベイトにクリアのコットンキャンディー色を基本に探り、反応があればそこから様々なカラー、プラグにチェンジでメバルをスレさせず一箇所あたりの数を伸ばすことができたかな。

また、後にさばいてわかったのですがベイトはアミ、シラスと消化が進んだバチ、どのプラグカラーにも反応あるわけです。

深夜二時過ぎまで、珠洲のロックショアでボウズくらった腹いせと言わんばかりに釣りまくりました。


そして終了間際に磯に入る前に合流したわたるくんがヒラスズキをキャッチ!

自分のプラグにもトンと来てアワセるとジジジィ~と強めに締めてるドラグが走ります!

ヒラスズキ来たか!?って思いましたがなんか重いだけ、たまに走るだけでヒラスズキ特有のトリッキーな引きがありません。

予感的中、エラ洗いした時に見えた魚体はやはりただのデカイシーバスじゃん・・・と贅沢なガッカリ感(^_^;)

20160604-011.jpg

狙ってだとなかなか獲れないのにね、メバル狙いの闇磯ではサラシあろうがなかろうが比較的よく外道で来ます。

慎重にやりとりすれば40アップのチヌも70cmのシーバスもキャッチできるメバルタックルでやっているのですがどうにもデカイメバルとなると獲れない、この時もいい引きのメバルを2枚バラし、おまけに1回ラインブレイク。

シャローの磯で獲るこのテクニカルさがはがゆくもあり、この時期のメバル狙いのたまらなく面白いところ。

何はともあれ狂ったように釣りまくりすっきりしました!!

20160604-012.jpg

潮抜きしてしてお疲れ様でした♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slashtakakaz.blog119.fc2.com/tb.php/328-5709518c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。