スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの刺身サイズ♪ 

2月19日

今回は激渋の能登島、内浦方面を見切り新たな場所へ。
サイズアップも狙い秋にアオリ釣行で巡ったことがある灘浦方面を攻めてみました。
夜のメバル狙いでは初めて訪れる場所。

月明かりはあれど常夜灯はなし、テトラ帯のある防波堤を転々とする。
結果は23cmでました

灘浦メバル

久しぶりの刺身サイズ♪


ある漁港の防波堤先端のテトラ帯、水際のテトラに乗り月下美人ビームスティック、ピンクグロー+1gのジグヘッドをキャスト。
沖に向って流れ出る早い潮流に乗せてテトラ際まで寄せ、そこから潮に逆らいながらの超デッドスロー。

初めての場所でいるのかいないのかも半信半疑。
暗い中でセレクトしたカラーも半信半疑。

数投目で・・・ゴゴゴン!!と明確なアタリ
すばやく根から引き離せたのも8ftのロッドのおかげ??

キャッチした当初はもっと大きいかと思ったんだけどな~
潮流の早いテトラ帯のメバルは引きもグイングイン♪イイ引きしてましたわ~

しかしその後は同じ攻め方でやるもいっさいアタリなし。
場所移動、これまた秋にアオリ狙いで訪れた漁港。
防波堤5m~10mくらい?の範囲に藻場があり底は敷石のポイント。
ここで18cm1匹キャッチ。

その後、ひったくられるような強烈なアタリあるも乗らず
そして数箇所周るもアタリなしのやっぱシブイ夜やった~

灘浦メバル

この晩はこの2匹のみ。


今、思うと最初に23cm出したテトラ際、シンカーを重くして探るレンジを変えてみるなどしてみればよかったなぁ~久々の20アップ1匹でほぼ満足してしまった

あと、この漁港の外海側のテトラ帯、超感じイイポイント。
秋の日中は難なくテトラを渡り歩き水際まで下りてエギを投げてたんだけど、今回は水際まで下りる道筋を見出せず結局外海側を攻めきることができず苦虫かんだ思い・・・
昼と夜とではこうも心理面で違いがでるものかと思い知らされた。

ここはもう一度明るいうち、朝マズメ、夕マズメ狙いなどで攻めたい場所である。
スポンサーサイト

コメント

シンカーのチョイスって難しいですねぇ

大きいの狙うなら飛距離&底じゃあ!
って安易な考えでついつい重めにしてしまいます(;・∀・)

ホントは軽いので足元ゆっくりフォールがよかったんかなぁ...って後で反省したり

今度はホタルパターンですね(笑

>mojyさん

あらゆるパターンに頭をフルに働かせ臨機応変対応できるのが釣果に結びつくんですよね!
たまに違うところに行くとそれに気が付きます。
後からですが・・・(^_^;)

ホタルイカフィーバーはまだかな~??(^。^)
ホタルイカパターン狙いのときは同行させてください。
右も左もわからんパターンなので。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slashtakakaz.blog119.fc2.com/tb.php/26-af1ebead

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。