スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能登島メバルはサイズアップ 

1月14日、仕事終わった後に能登島に行ってきました。
今回は同じかほく市在住、mixiのメバルコミュで知り合った釣り友と二人ルンルン釣行
久しぶりに単独じゃない釣行。

その晩も前回同様、西~南西の風が時折強く、はたまた雪、みぞれの悪天候
とりあえず穴水~小木側はダメやろうと風の影響が少ないいつもの癒し漁港ポイントへ。

防波堤には先行者1名、挨拶して入らせてもらうが風強いなぁ~、いつもいるイワシの大群も今回はまばら・・・
必然的に追い風を背に風に乗せて投げると・・・1投目から20cmきました

能登島メバル20cm

結局この日の最大サイズはこれ。

その後ポンポンと17~20cm弱が釣れてひと休み。
いままで16~18cmだったサイズが明らかに今回サイズアップしていました。
大きいところで19.5cmが3匹、20cmが1匹あとは17cm~18cmをキープしてアジングに切り替え。

しかし、今回アジ不調
かろうじて17cm1匹のみと言う結果。
アジ美味しいからもっと欲しかったなぁ~
イワシの大群がおらんとアジもおらんのか??

雷が近くなったので撤収、ここでの釣果。

釣果

アジ1匹はせつなすぎるぞ!!


そして今回風裏となる能登島東部にも偵察行ってきましたが漁港内でぜんぜんさっぱりやった。
天気のいい日、明るいうちに目星つけて攻めなきゃいかんね。
外海側はもっとグッドサイズが出る予感♪

天気が回復して風も収まったので場所移動、能登島大橋に向う途中の気になっていた漁港に。
波なし風なし小さなテトラ帯。
テトラに沿ってテトラ先水中1m~2mくらい根が見える。
その根の際を通してみるときました19cm、これキープ。
そして堤先端から沖に投げて18cm、これリリース。

結局ココではこの2匹、根の先、際ギリギリを攻めるといいサイズ出るのはわかるんだけど、なんとも難しい。
やっとその攻め方で1匹キャッチしたけど、もっと上手く通す腕を磨かんとイカンな!

そして最後にツインブリッジ方面のメジャーな漁港。
ここは結構メバル狙いの人が多いんだけど、いままで釣れたことがない。
この場所は釣り友は爆釣した経験があり、今回もポンポンと釣り上げる。

自分、ぜんぜん釣れん
そー言えば以前、エサ釣りしてたおじさんにメバルもらったことを思い出し、あのおじさん浮き下のタナ4m~5mって言ってたなぁ~と・・・

ジグヘッドにスプリットのシンカーを追加、じっくり沈ませて底を取る。
ゆるゆるリトリーブすると~

キター!!
そして同じ攻め方でまたキター!!
この場所で思ったとおりの狙い方で18cmほどの2匹キャッチできたことが嬉しくなった。

けど、時合終了なのか2人とも釣れんくなって・・・自分は車に戻りオネム
釣り友は明るくなった7時過ぎまでがんばってアジ数匹追加したって!


今回も楽しかったし、いい経験になりました
とりあえず更なるサイズアップは3月以降、天候のいい日に外浦や富山に狙いに行くとして、今は楽な場所でひたすら経験を積み、サイズアップに向け気楽に特訓中。

お腹ポンポンも今回持って帰ったけど、子持ちかと思いきやほとんどがベイトフィッシュ食べて腹ポンポンメバルやった。
更にワーム食ってくるなんて食いしんぼさんやねぇ~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slashtakakaz.blog119.fc2.com/tb.php/18-b1af265f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。