スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラマサ釣れない腹いせに 

6月4日 ヒラマサ狙いは諦めメバル狙いに

そのまま珠洲に泊まり込んで翌日もロックショアキャスティングのヒラマサ狙いにと思ってましたがどうにも調子悪い。

シンさんと協議の結果、帰りましょうと(´・ω・`)

でも、そのまま帰るのは気が引ける、ココはひとつ帰りに寄り道してメバル狙ってみましょうか!


一箇所目、漁港のテトラ帯からフロートリグを使って広範囲を探ってみますがちびっ子しか釣れません。

二箇所目も漁港、防波堤先端は潮通し良く、沈みテトラも入ってベストポジションなんだけどな~・・・チビすら釣れません。

磯に行こうと防波堤を引き返したところ漁港内からぴちゃぴちゃとボイルが。

すかさずメバペンを投げほっとけで流しますと・・・キタ♪

20160604-005.jpg

20cmちょいですがいい引きです。

その後、プラグを替え何度かアタリもありましたがなかなかのらない、挙句にいい引きのヤツをバラシ、アタリもなくなりココは終了。

この時期のメバルは回遊性の高いブルーバックがほとんど、さっと入ってきたかと思うとさっと去って全く音沙汰がなくなります。

さっさと見切りを付けて場所移動が吉です。


ここからはプラグ勝負。

三箇所目に磯へ入ります。

入江に隣接した岬の磯で潮通しも良く、シャローで根が点在しておまけに藻場も、波気も少々あり雰囲気は最高にいいです。

一投目からいいヤツが来ました♪

20160604-006.jpg

それを皮切りに怒涛のメバルラッシュ!反応なくなればプラグを替え、そして岩場をぴょんぴょん横に移動して磯ランガン。

20160604-007.jpg

20160604-008.jpg

20160604-009.jpg

移動した一投目はサーチベイトにクリアのコットンキャンディー色を基本に探り、反応があればそこから様々なカラー、プラグにチェンジでメバルをスレさせず一箇所あたりの数を伸ばすことができたかな。

また、後にさばいてわかったのですがベイトはアミ、シラスと消化が進んだバチ、どのプラグカラーにも反応あるわけです。

深夜二時過ぎまで、珠洲のロックショアでボウズくらった腹いせと言わんばかりに釣りまくりました。


そして終了間際に磯に入る前に合流したわたるくんがヒラスズキをキャッチ!

自分のプラグにもトンと来てアワセるとジジジィ~と強めに締めてるドラグが走ります!

ヒラスズキ来たか!?って思いましたがなんか重いだけ、たまに走るだけでヒラスズキ特有のトリッキーな引きがありません。

予感的中、エラ洗いした時に見えた魚体はやはりただのデカイシーバスじゃん・・・と贅沢なガッカリ感(^_^;)

20160604-011.jpg

狙ってだとなかなか獲れないのにね、メバル狙いの闇磯ではサラシあろうがなかろうが比較的よく外道で来ます。

慎重にやりとりすれば40アップのチヌも70cmのシーバスもキャッチできるメバルタックルでやっているのですがどうにもデカイメバルとなると獲れない、この時もいい引きのメバルを2枚バラし、おまけに1回ラインブレイク。

シャローの磯で獲るこのテクニカルさがはがゆくもあり、この時期のメバル狙いのたまらなく面白いところ。

何はともあれ狂ったように釣りまくりすっきりしました!!

20160604-012.jpg

潮抜きしてしてお疲れ様でした♪
スポンサーサイト

メバルアングラーの集い 

最近はサーフでアジングに勤しんでます。

20160531-001.jpg

抱卵、白子持ちの個体がほぼ定時に浅場へ寄ってきます。

それをキャロやジグ、遠投できるリグを使って狙うのですがサイズは最大26cm、ただ時合いが短いので数は上がりませんがそれなりに楽しめます。

20160531-002.jpg

いつまで産卵個体が寄りコンスタントに釣り続けるのか?って疑問を探求すべくほぼ毎日通ってます。


5月28日 富山メバルアングラーの集い


毎年恒例富山のライトゲーム第一人者、ネイチャー斉藤さん主催のメバル釣大会に参加してきました。

参加4回目となるのですが過去3回は検量持ち込みなしと言う不甲斐ない結果で終わってます。

今回はポイントをゴロタサーフに絞り挑戦しました。

20160528-001.jpg

今回の富山湾は無風、ベタ凪、いきなり釣れる気しません・・・明るいうちにシンキングミノーで広範囲に投げ、海況、水深、底の様子など把握してココと言う立ち位置を決めますがその間、全く根魚のアタリすらなし。

暗くなってもしばらくはアタリがありませんでしたがようやくフロートリグで魚の反応が!

20160528-002.jpg

小アジでした!小アジのアタリが頻繁に出てきましたが本命が出ません。

再度、横移動でランガンしていきますが小アジエリア外すと全く反応がありません、元の立ち位置に戻ります。

と、「ツッ・・・」とした違和感を感じアワセるとグン!と乗った!

遠投した沖で掛けて1度何かに引っかかりながらも強引に寄せましたがいよいよ手前まで来たところでツッコミがすごく竿がのされて強めに設定したドラグがジー!!そしてまた何かに引っかかり強引にロッドを立てて抜くとフッと軽くなりました。

バラした・・・しばし放心状態です・・・悔しい、その一言につきます。

このやりとり、シャローの磯でヒラマサとファイトするのに似てますね!いかに主導権を譲らないか、いなしてコントロールできるか、ひたすらパワーファイトの中にやりとりの腕が試されます。

大きいのはいる!と確信を得たところでタックルをより強靭なものに交換し、再度気を取り直しキャストします。

たまに気分を変えてストリームドライブをキャストしてちびっ子メバル。

20160528-003.jpg

しかし遠投するためにやはりフロートリグです。

小アジのアタリに邪魔されながら小さな違和感のアタリ・・・

20160528-004.jpg

なんとか26cm台と24cm台、2枚獲れました。

しかしこの2枚に比べると逃した最初の1枚は比べ物にならない強い引きと重さ・・・

悔しさは拭えませんが何はともあれこの大会に参加して初めての検量持ち込み、検量所では斉藤さん始め運営のみなさんが「ついにやったぜ~!!」と嬉しい言葉を掛けていただきました♪

結果は26.6cm、330gで155名の参加の中12位を取ることができました。

感無量でございます!!

20160528-005.jpg

お楽しみ抽選会は協賛メーカーの一社、TICTの製品をいただきました♪

20160528-006.jpg

大会終了後は富山のみなさんとしばし交流。

大会の結果別にしてこの楽しいひと時が大会参加のいいところでもありますね♪


そして、魚津から地元に戻り寝ずにそのままサーフアジングへ。

20160529-001.jpg

20160529-002.jpg

その日の晩はアジとメバル、ライトゲームフィッシュを刺身や香草焼き、酒蒸しと堪能しました(^O^)

リグをちょい変更した結果 

2月22日

前回の釣行を踏まえて大物を獲るためにはどうしたらいいかリグを考え直し挑みました。

今回はもうちょっと深いレンジを探ります。

ポイントはいつものテトラ帯、風は無風、波気があり時々来る大波でサラシが渦巻いている状況、いい雰囲気なんじゃないの?

ただ曇っていたけど雲を透かした月あかりが結構な明るさ。

一投目でおちびちゃん釣れましたがその後は続かず・・・ちょうど潮止まり時間。

広大なテトラ帯をぴょんぴょん移動してランガン決行、ポツポツ拾っていくけどサイズがおちびちゃん、しかも連発なし。

そんなに強くないけどカレント出てるポイントを発見してピンポイントで流すとようやく22cm

20160222-001.jpg

テンションを感じつつほとんど巻かない放置で食ってきたので同じスポットの同じ動作の繰り返しでもう一枚21cm

その後は続かず・・・食ってこなくなったら移動、ポツポツと移動しながら単発のおちびちゃんを釣って結局隅から隅まで投げ倒し疲れ果てました、集中力も途切れ12時前にはストップフィッシング。

20160222-002.jpg

同行したまっくん、後から来た寺さん、岩瀬くん、ちゃんと20アップ釣ってこの日の最大は寺さんの27cm!

まだまだ修行がたらんです。

とりあえずはレンジ落としたことによって20ちょいですが目標の20アップが出たのでこれはこれで正解だったかな~

自分の思惑通り結果を出すことができたことが今回なによりの成果となりました。

富山メバル、ホンキ出します。 

ホンキ出したところで思うように釣れないのが釣りなんですが・・・

2月12日、富山へ行ってきました。

12日は暖かい日でほのかにホタルイカの接岸にも期待を込めて。

テトラ帯を行ったり来たりランガン、メバルのたまり場を見つけて17~18cm程のはポコポコと釣れます。

釣れるもんだから楽しくなっちゃって、さらに現地でお会いした知り合いさんや、同行者も20アップ釣っちゃうもんだから大物求めて大きく場所移動することもせず。

結局ちっちゃいのリリース含めて20枚以上は釣ったかな、でも目標の20アップは釣れませんでした。

途中から18cmほどのキープし始めて8枚お持ち帰り、唐揚げサイズですね。

20160212-001.jpg

それにしても久しぶりのテトラ帯、沖に沈んだテトラの上を通す、ステイする、流れに乗せてドリフトする、目に見えるテトラの際を通す、テトラの向こうに投げてフォール、レンジ落としてリトリーブ、トゥイッチ・・・

攻め方は多種多様、ちびしか釣れないのならこれでどうだ?ココの場所はジグヘッド単体で?いっそプラグ??

ありとあらゆる自分の引き出しを試される場所、やはりココは面白い♪

20160209-001.jpg

20160209-002.jpg

目標のサイズが出なかったと言うことは自分のスキルはまだまだここに対して満たされていないということ、今度はこうしてみよう、アレやってみようと次に向けた考えが膨らむいっぽうです。

能登の最果て・・・メバル編 

6月7日 ヒラマサ狙いに能登の先っちょの方へ行ってきました。

その前にメバル狙い。

う~ん、昨年調子良かったポイントは全然反応なし。

これはブルーバックが回遊してくるまで粘り勝負だな・・・

キタキタ!!♪久しぶりの綺麗なブルーちゃん♪

140606-001.jpg

やっと群れが入ってきたか!!と即キャストして26cm♪

140606-002.jpg

よっしゃー!!ここからだ!!と思ってテンション上がりましたが2連発で打ち止め。

ベイトが居なくて留まってくれなかったみたい( ̄◇ ̄;)

もう一箇所、実績ポイントへ入りますも、ミノーで表層引いてるのに藻に絡む。

ヘッドライトで確認すると、藻がびっしり・・・( ̄◇ ̄;)

フロート付けてフルキャストすれば届くところに藻穴、そこにワームをブチ込むと、アタリ♪

グングングンと潜ろうとするトリッキーな引きは明らかにメバル、よっしゃ♪と思いましたがドラグ出され、潜られ藻に絡む・・・

無理に引っこ抜くと魚はおらず藻しかついていない(>_<)

次はドラグキツめにして同じ所に投げるとまたアタリ、同じくらいのサイズが溜まっているようだ。

しかし無理やり浮かせようとロッド立ててゴリ巻するも、またしても藻に絡み動かなくなり藻化け(>_<)

さらに3投目でも・・・捕れない!!

熱くなりましたが結局3バラシもすれば魚もおらんくなるという。

粘りましたがその後さっぱりでした。

今年の磯メバル、なかなか難しいなぁ( ̄◇ ̄;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。